新着情報

大阪府豊中市とはどのような場所?

2021.03.18


様々な分譲地がある中で、住みやすい街としても知られている大阪府豊中市は交通の利便性や子育てに優れた街です。

程よく都会で、ちょうど良く田舎と言われている豊中市の魅力に迫ります。

住む街を探すときに、参考になるかもしれません。





大阪府豊中市はこんな街





大阪府豊中市は大阪の北部に位置する地域で、中核市に指定されています。面積は36.39キロ平方メートル、人口は約40万人です。

40万人という人口は大阪府の中でも、4位に位置するほどの多さになります。隣接しているのは大阪市や池田市、吹田市などです。

明治以前の時代では能勢街道の中心地として栄えていましたが、明治以降になるも現代の阪急電鉄の沿線開発と共に人口が徐々に増えていきました。

隣の大阪市から15キロメートルという立地も活かして、ベットタウンとしても栄えています。昭和30年代に突入すると千里ニュータウンの開発に力を入れるようになり、下水道など暮らしに欠かせない設備が整います。

インフラが完備されたことでより注目を集めるようになり、電車やバス、高速道路や空港など交通網が発達したのです。2001年には地方分権一括法によって特例市に指定され、2012年になると中核市になりました。

千里中央エリアは再開発も進んでいて、大型複合施設や暮らしに不可欠な病院や役所、郵便局や銀行も揃っています。

再開発がされることで、分譲地としても期待を寄せられています。分譲地が人気になれば、さらなる発展も期待できます。

インフラの発達や交通網の発展など近代的な側面がある街ですが、自然豊かなエリアでもあります。

大阪4大緑地の場所や、枕草子や万葉集に登場する山もあります。

広大な緑地公園では四季によって違う草花を見ることができ、日本ならではの自然を感じることができるのも魅力です。

子どもたちも外でのびのび遊ぶことができ、子育て世代にも嬉しい街なのです。

子どもたちだけでなく大人からお年寄りまで、自然と共に生きていけるようなエリアとなっています。





大阪府豊中市の子育てのしやすさ





「大阪府で子育てがしやすい街はどこ?」という質問に、多くの声が上がるのが豊中市です。

子育てに必要な環境が整っていて、周辺施設も充実しています。

関西版の住みたい街ランキングなどでも常に子育てがしやすいエリアとして上位に名前が挙がるほどです。

小さな子どもがいるファミリーに欠かせない公園や病院の施設が充実していて、困ったときに利用することができるのが強みだと言えます。

特に小さな子どもが頻繁に通うことがある公園は、なんと市内に400箇所もあるのです。

家の近くに必ず公園があるほどの数で、小さな子どもたちも退屈しません。

スポーツやバーベキューを楽しめる「服部緑地公園」では人気のローラーすべり台があり、休日には家族連れて大賑わいです。

大人はバーベキューを楽しみながら、子どもたちも自由に遊べるのは嬉しいポイントです。豊中市では自分のお気に入りの公園が見つかるように情報アプリを開発し、園内の様子や写真をチェックできるように工夫しています。

市内には17箇所の子育て支援センターがあり、お母さんやお父さんが困ったときにサポートしてくれます。

必要な講座を受けられたり、子どものためのプレイルームがあったりと設備も十分です。
予期せぬ病気や怪我に対応しているのも、豊中市ならではです。

子どもが急に熱を出したり、具合いが悪くなっても車なら30分程度で医療機関に到着します。

大学病院や総合病院もあるので、大きな病気や怪我でも安心です。

予想外の出来事が多い子育てにもすぐに対応できることから、ファミリー層に支持されているのです。





大阪府豊中市のアクセスの利便性





大阪豊中市の最大の特徴は、空路と鉄道網、道路全ての交通手段が揃っていることです。

利用することが可能な沿線は北大阪急行線や阪急宝塚線、大阪モノレールなどです。

市内でも人気のエリアである千里中央と梅田を結んでいる北大阪急行の御堂筋線もあり、ショッピングや食事を楽しめる街まですぐに行けます。

道路は南北に向かって走る阪神高速11号池田線や新御堂筋、東西方向に中国縦貫自動車道や名神高速道路などがあります。

市内にはこれらの道路を利用して、分譲地などに阪急バスが走っています。

新幹線のある大阪駅までは約12分程度で、急いでいるときにも便利です。また車などを利用すれば、市内から伊丹空港や新大阪駅にもすぐ向かえます。

国内の移動はもちろんのこと、海外旅行も気軽に行ける立地です。市内のどこからでも2キロ以内に駅があり、通勤通学がしやすいです。

毎朝時間を掛けて駅に向かう必要がなく、ゆったりとした朝が過ごせるのも交通網が発達しているからです。

また東京や福岡、札幌や仙台など国内の主要都市には、3時間以内で移動することも夢ではありません。

遠くに出張や旅行をするときには移動時間の短縮になり、ストレスにならないのです。

沢山の移動手段があるので目的やスケジュールに合わせて選ぶことができ、時間を無駄にすることも避けられます。

さらに遠くから訪れる親戚や友人なども迎えやすく、気軽に遊びに来て貰えるのも豊中市の良いところです。





まとめ





都会的な要素もあり、自然豊かな立地と良いことばかりの豊中市は魅力いっぱいの地域です。

交通手段に困ることもなく、子育てに最適なエリアだと言えます。分譲地もあるので、豊中市に住みたいと思ったらぜひ探してみると良いでしょう。