スタッフブログ

分譲住宅の賢い選び方

2021.02.01


マイホームを購入するのは一生の中でも一大イベントです。

多額の費用をかけて購入するので後悔しないように慎重に考えて計画を立てる必要があります。

そこで分譲住宅をどのように選ぶと良いのか、賢く選ぶコツを紹介していきましょう。





まずは予算や希望条件の優先順位を決める





分譲住宅とは不動産が持つ土地を分割していくつかの区分に分け、そこに戸建て住宅を建て、土地と住宅の両方を販売するというものです。

土地だけを購入して好きな家を建てる注文住宅とは異なり、土地を持つ不動産業者が住宅を建てて完成させてから売り出すのが分譲住宅で、建売住宅ともいわれます。

不動産業者が設計した家をその業者が独自で建築をするので、土地の価格も含めた住宅の価格を決めるのも不動産業者です。

注文建築の場合は施主の希望に合ったような間取りや外観にしたり、建築業者も施主で選ぶので価格は高額になることも多いのですが、分譲住宅の場合は同じところから材料を取り寄せたり同じ業者が設計や建築をするため、注文住宅よりも安く購入できるという可能性があります。

このように分譲住宅の価格は注文住宅よりも安めで、販売時には価格が提示されているのでわかりやすいのです。

分譲住宅でも、不動産業者によって建てたい家のコンセプトもあれば、地域によって好まれる家のタイプもあります。

また同じ分譲の土地でも土地の形や大きさ、向きなどによって部屋の間取りや広さも変わります。

ですので注文住宅のように希望通りの家とまでとはならないかもしれませんが、少しでも希望条件に近い物件を見つけられることが期待できます。

このようなことから分譲住宅の購入を考えるときには、予算か希望条件のどちらを優先して選ぶのかを決めます。

予算を少しオーバーしても希望条件に合った住宅を選んだほうが良いのか、あまり希望に合わなくても予算内で購入できる住宅にするのかを家族で話し合って考えておくようにします。





予算や条件をもとに情報収集をする





現在ならインターネットの不動産サイトを利用すると、ローンのシミュレーションができるところも多いです。

そのようなサイトを活用して、生活に支障が出ないよう毎月いくらなら返済できるか、それならいくらの家が購入できるのかということを考えて予算を立てます。

ローンは年収の4分の1程度が妥当といわれていて、それ以上高くなると家計に負担がかかる場合があるので、年間に支払うローン額が年収の4分の1以下になるように予算を立てると良いでしょう。

次に住みたい場所や立地条件、家の外観や間取りなどを考えて、不動産サイトで希望の条件に合った地域の分譲住宅の情報を集めます。

その時は一つのサイトだけでなく複数のサイトで情報収集をすることが大切です。

情報量が多いほど選択肢が増え、それだけ希望や予算に合ったところが見つかりやすく比較検討もしやすくなるからです。

比較検討をする際に、あらかじめ家族で予算か希望条件のどちらを優先するかということを決めておけば、たくさんの物件から複数に絞ることもできます。

予算を優先するなら物件に妥協をしなければならない部分も出てきますが購入後の家計を圧迫することはなく、希望条件のほうを優先するなら購入後経済的に少し大変でも快適に過ごすことが期待できます。

これらのように予算や希望条件をもとにして複数の不動産サイトから情報を収集し、その中から予算内で購入できる住宅や少々予算をオーバーしても希望条件に合った住宅をピックアップしておきます。





物件やモデルハウスを現地で確認する





いくつか候補が決まれば、その分譲住宅を取り扱う不動産に連絡をし現地の見学をさせてもらいます。

不動産業者や建築業者によって特徴やこだわっているところがあるので、希望する不動産業者が提供するモデルハウスを見学させてもらうのもよいでしょう。

モデルハウスを見ることによってそれぞれの会社が建てる住宅に違いがあり、どの業者が良いかを選ぶ基準にしたり、いくつかのモデルハウスを見ることで「こんな家がいい」「こんな間取りが良い」「ここだけはこだわりたい」など希望条件が絞れてくることも期待されます。

モデルハウスではなく実際に分譲住宅として売り出しているところを見に行くときは、耐震や雨水の排水状態など地盤を確認したり、家の方では洗濯してから干す場所への移動やキッチンでの動きなどを想像して家事動線がスムーズかどうかを確認したり、隣の家の窓から家の中が見えないか、収納場所はたくさんあるかなどを確認します。

それぞれの希望条件に沿って自分の目で確認したり、わからないことがあれば案内してくれる業者にその場で聞いたりしておきます。

モデルハウスや物件が建っている現地を見に行くのは、希望の物件があれば何回行っても構わないので複数のところを見て自分の条件や予算に合うところを見つけるようにしましょう。

もちろん一回で気に入ればそこに決めてもよいのです。このように建てられた住宅を見られるというのは、想像して間取りなどを考える注文住宅ではできない分譲住宅ならではの特権です。





まとめ





分譲住宅はあらかじめ建てられている住宅で、個々の希望に合ったものではありませんが多くの人が好むような標準的な形で何軒かまとめて建てられているので、価格も安く希望条件に合ったところが見つかる可能性は十分あります。

購入前に現物を見られるということも分譲住宅のメリットなので、たくさん見てできるだけ希望に合ったところを選びましょう。